出産祝いのお返し|内祝いについて

出産祝いのお返しを一般的には「内祝い」といい、出産祝いを頂いた方へ、お返しをすることを言います。昔は、内祝いと言えば、身内親族で、赤ちゃんの誕生を祝う会を行うことを言っていたのですが、いつの間にか、このように出産祝いのお返しを表す言葉と変化してきたようです。


さて、この出産祝いのお返しですが、はじめての出産の方は、いくらくらいのものにしたらいいか、金額の相場はいくらくらいなのか…とちょっと悩みますよね。せっかくの赤ちゃんの出産祝いなのにマナー違反になりたくないですし…。

一般的に、言われる出産祝いのお返しの金額の相場は、「頂いた金額の半分」というのがマナーとなっています。商品で頂いた場合は、相当額の半分ということになります。1万円くらいの商品を頂いた場合は、5千円程度ということですね。ただし、これもあくまでも、一般論。その出産祝いを頂いた方との関係に合わせて、お返しをすればいいと思います。


ただ、あまりにもお返しが相場より多すぎたり、5千円相当のものをもらって、それ以上のものをというのは、かえって失礼になりますので、注意しましょう。出産祝いのお返しの相場は以上のように頂いた金額の半分…それが基本です。

内祝い(出産祝いお返し)のマナー:その時期や「のし」の書き方

出産祝いのお返しを渡す時期は、出産から1か月前後が望ましいと言われています。

ちょうど、お宮参りの頃ですね。お宮参りのあとは、赤ちゃんも新生児の時期とは異なり、外出にあまり気を使わなくてよくなりますので、この頃に、出産のお祝いのお返しを渡すのを兼ねて、赤ちゃんの成長した姿を見せに伺うのが一番良いのではないでしょうか。


またこの出産のお返しの「のし」についてのマナーですが、のしには【内祝い】と書きます。そして、名前の部分は、名字なのではなく、生まれた赤ちゃんの名前を書くのがマナーとなっています。

出産祝いのお返しで人気の商品ランキングは

出産祝いのお返しで選ばれる商品で以前から人気の高いのは、毛布や掛け布団、傘など。これは「人の上になるように」という縁起を担ぐ意味があるそうです。でも今は、あまり形式にはとらわれず、実用的な商品の方が選ばれているようです。タオル、石鹸なども人気があります。

ひとつ注意したいのは、出産祝いのお返しの場合、頂いた金額の半分が相場ですから、お返しをする側も、相手によって何種か内祝いを選んでおくということです。3000円位、5000円クラス、10000円クラスというように内祝いは分けて選びます。


「お返しをするのはかえって気を遣わせるかも・・・」という相手には、「生まれました」という赤ちゃんの写真入りのハガキなどでお礼を伝えるのもいい方法です。

 

出産祝いのお返し専門店【出産内祝い.JP】では、赤ちゃんの写真入りのし紙や、命名札などのオリジナル名入れサービスなどを提供してくれています。出産祝いのお返しを選ぶ際にはチェックしておいた方がいいでしょう。

出産内祝い.JP


同じく、大手ギフトショップの贈り物の【シャディ】などにも、特設コーナーがありいろいろな商品が予算別に選べるのでとても便利ですね。

内祝いはシャディで!

  

出産祝いのお返しは赤ちゃんの誕生を祝ってくれた方への感謝の証ですので、心をこめて贈りましょう。

PR


管理人KEYです!

出産祝い お返し

出産祝いのお返しってどんなものをどの時期に、いくらぐらいの相場の商品を渡したらいいんだろう?はじめての内祝いはちょっと悩んでしまいますね。ここでは、基本的な出産のお返しのマナーなどを中心に、その金額や時期、人気の商品の売れ筋ランキングなどを調べてみました。

MENU&関連記事

出産祝い お返し イメージ

お気に入りリンク